SDGsへの取り組み

TO ACHIEVE THE SDGs

SDGsへの取り組み
SDGsとは、国連サミットで2015年9月に採択された、2030年までに持続可能な社会実現のために世界で取り組んで行う17の目標のことです。(SDGs=Sustainable Development Goals=持続可能な開発目標)現在の私たちの環境に対する取り組みも、この世界をよりよくするための17の目標と大きく関連しています。私たち三本珈琲株式会社はこれからも、SDGsに対する認識を深め、事業活動を通じて国際社会への貢献を続けていきます。
SDGsへの取り組み
SDGsへの取り組み

フードバンク活動

SDGsへの取り組み
フードバンクとは、品質には問題がないにも関わらず、包装の破損や過剰在庫、印字ミスなどの理由で、流通に出すことができない食品を企業などから譲り受け、必要としている施設や団体、困窮世帯に無償で提供する活動です。
SDGsへの取り組み
SDGsへの取り組み
フードバンクかながわのしくみ
フードバンクかながわHPより一部抜粋
https://www.fb-kanagawa.com/

三本珈琲では、自社のコーヒー製品等をフードバンク活動団体に提供し、多くの皆さまの日常にコーヒーをお届けすることで「食の格差」改善につなげ、地球上のあらゆる貧困をなくすことに貢献しています。
SDGsへの取り組み

生産活動全体を通じての
環境負荷対策

SDGsへの取り組み
SDGsへの取り組み

電力を軸にした環境負荷対策

SDGsへの取り組み
生産工場に太陽光パネルを設置し、発電した電力によって生産活動を行い、クリーンエネルギー発電によるCO2排出量削減に取り組んでいます。 また、照明のLED化を進め、電気使用量の削減に取り組んでいます。
SDGsへの取り組み
SDGsへの取り組み
SDGsへの取り組み

FSC認証マーク付き段ボールの使用

SDGsへの取り組み
環境負荷対策の取り組みの一環として、弊社で使用する段ボールを、FSC認証マークつき段ボールに段階的に切り替えます。(FSC® N003172)2020年度は取り扱い段ボールの50%以上、2025年度までに100%の段ボールをFSC認証マーク付きのものに切り替えることを目標としています。
SDGsへの取り組み
SDGsへの取り組み
FSC(Forest Stewardship Council®:森林管理協議会)は、森林の適切な利用と保護のために活動する国際的な非営利団体です。FSC認証は、適切に管理された認証林やその他責任をもって調達された原材料で作られた製品に認証ラベルを付けて消費者に届ける仕組みであり、森林減少など世界の森林が抱える問題や市民の環境意識の高まりを背景として、1994年に設立された国際的な森林認証制度です。世界中の様々な利害関係者の意見を集め、環境・社会・経済のバランスのとれた10の原則、70の基準に基づき森林管理を審査、認証するFM認証、林産物の加工・流通プロセスを対象とするCoC認証があり、独立した第三者機関が厳正な審査を行います。 FSC認証マークは、森林の環境や地域社会に配慮して作られた製品であることを示すマークであり、このマークが付いている製品を選ぶことで、認証された森林資源への需要が高まり、適切に管理された森林の拡大につながります。 FSC認証は、目標15の「陸の豊かさも守ろう」において達成度を測る指標の一つとなっています。そのほかFSCは、SDGsの14の目標と40項目のターゲット(達成基準)の達成にも貢献しています。弊社が積極的にその認証製品を使用することは、目標12「つくる責任つかう責任」によって、間接的にSDGsの目標達成に貢献することにつながっています。
SDGsへの取り組み

触媒脱臭装置の設置

SDGsへの取り組み
コーヒー焙煎中に排出される有害物質や煙、臭気を無害化するために、触媒脱臭装置を設置し、周辺環境に配慮した生産活動を行っています。
SDGsへの取り組み
SDGsへの取り組み

生物多様性の保全

SDGsへの取り組み

有機JAS認証、レインフォレスト・アライアンス認証、
国際フェアトレード認証農園産のコーヒー生豆の使用

SDGsへの取り組み
コーヒー生豆には、地球温暖化、生物多様性等、環境への影響緩和に取り組んでいる認証コーヒーがいくつかあります。三本珈琲では、以前より認証コーヒー生豆を使用しており、年々使用率は上昇しております。農園や製造工場で、登録認証機関により、審査が実施され、厳しい基準をクリアした製品に認証マークを付すことができます。認証マーク付きの製品を取り扱うことで健全な環境の支援、産地の農園の家族の暮らしの質の改善に繋がります。
SDGsへの取り組み

有機JAS認証

コーデックス(食品の国際規格を定める機関)のガイドラインに準拠し、農畜産業に由来する環境への負荷を低減した持続可能な生産方式の基準を有機JAS規格で規定しております。有機JAS法に基づいて認定された農場(有機農産物にあっては、堆肥等で土作りを行い、化学合成肥料及び農薬の不使用を基本として、放射性物質、遺伝子組換え種子等を、種まきの時点からさかのぼり3年以上使用していない農場)で栽培されたコーヒーを農林水産省が定める有機JAS法に基づいて生産・加工をしております。
SDGsへの取り組み

レインフォレスト・アライアンス認証

レインフォレスト・アライアンスは国際的な非営利団体で、生物多様性の保全、労働者やその家族、地域住民の権利と福利の推進に取り組んでいます。持続可能性のための包括的な基準を満たした農園には、レインフォレスト・アライアンス認証マークが与えられます。これらの基準は、土壌、河川、野生生物の生息地が保護され、農園の労働者が適正な賃金を受け取り、安全な環境で仕事をし、適正な住居、医療、子供たちの学校へのより良いアクセスを確実にするのに役立ちます。環境のバランスが崩れた時、マークのモデルとなっているアカメアマガエルをはじめとした、『カエル』は、数や種類が減少するため、環境バランスを測る指標生物としてシンボルとなっております。
SDGsへの取り組み

国際フェアトレード認証

フェアトレードは、生産者が美味しいもの・品質の良いものを作り続けていくために、生産者の労働環境と生活水準の向上、自然環境の保護をサポートする、持続可能な生産と取引のしくみです。開発途上国では、原料が不当に安く買われたり、児童労働や環境破壊が起きている場合があります。国際フェアトレード認証は、適正な価格とプレミアム(奨励金)の支払い、長期的な取引、児童労働の禁止、環境に優しい生産等を基準に定め、生産者の生活改善と自立を支援しています。国際フェアトレード認証ラベルは、経済・社会・環境の3つの柱を持つ国際フェアトレード基準が守られ ていることを示します。
SDGsへの取り組み
SDGsへの取り組み

コーヒーと環境の啓蒙活動

SDGsへの取り組み

MMCオーガニックカフェ

三本珈琲の環境保護活動を、ひろく多くの皆様に知っていただくために、お客様の一番近くで寄り添うカフェ事業の中で、有機栽培コーヒーを提供する「MMCオーガニックカフェ」を展開し、積極的な啓蒙活動を行っています。
SDGsへの取り組み
MMCオーガニックカフェ仙台空港国内線店
SDGsへの取り組み
MMCオーガニックカフェ羽田空港北店

本サイトはGoogleChrome、Firefox、Macsafari11以上、またはInternet Explorer11以上に対応しています。お手数ですが対象ブラウザで再度アクセスをしてください。