会社案内

品質管理

食品安全・開発研究本部

食品安全・開発研究本部
本社に併設された研究本部は、日常生活で不足しがちな栄養成分を摂取できる健康食品の開発を目的として設立されました。 苦味や酸味、コクなどの成分についてはもちろん、人体に及ぼす効果・影響を科学的に分析。 コーヒーと健康についての関連性が国内外の研究で明らかになってきている今、コーヒーが秘めた可能性をさらに追及し、 商品開発に取り組んでいます。

MMC 商品研究室

海外から輸入された生豆は、国内3工場へと運ばれます。その際に、製品の安全性と品質を改めて確かめる部門です。 輸入されたばかりの生豆の形状、大きさ、水分値確認、カッピングなどを綿密に行います。 妥協を許さない品質管理で、最高の商品を市場へ送りだすことが使命となっています。
MMC 商品研究室 写真

コク・香りにこだわる。

香黒墨(コークス)焙煎
M.M.C.三本コーヒー独自の焙煎方法に『香黒墨(コークス)焙煎』というものがあります。遠赤外線の効果により、 豆の芯まで熱が伝わり、内側からむらなくふっくらと煎りあがるのが特徴で、コーヒー本来のうまみを引き出します。 豆の表面はつややかな褐色に染まり、ほどよい苦味と豊かな香りをもったコーヒー豆に仕上がります。 他にも有機JAS法に基づく認定を取得した『有機栽培珈琲』など、多くの方に愛飲されています。
ページ先頭に戻る